「住み慣れた家で最期まで過ごしたい」

自分の思いを口に出す方ばかりではありません。

 

 

遠方に住む子どもさんからこっちにおいでよとすすめられても、

 

何も話されない父に子どもさんから渡されたエンディングノート。

 

いつみても書いていない真っ白のノート。

 

ある日、エンディングノートに書かれていたのはたった一言。

 

この一行だけでした。

 

「この家で死にたい」

 

ただし、みんなに迷惑をかけたくないのでぽっくり死にたいと

添え書きがあったそうです。

 

笑いながら話されていましたが、それぞれの思いを感じ考える時間でした。

 

DSC_0188