お孫さんの自慢話を聞くのが、とっても楽しみです。

なぜなら・・・一番の笑顔で話されるからです。

 

 

「センセイ、ひとつだけ、孫の自慢、聞いて下さる?」

ハイ、聞きます。ひとつと言わずいくつでも、聞かせてほしいです。

その自慢話に驚いたり感動したり・・・心があたたかくなって、みんな笑顔になる時間です。

 

でも、実は、そこから、もっと感動的なお話が始まりました。

 

「その孫がね、小さいときに神社にお参りに行ったとき、

おばあちゃんが死にませんように・・・ってお祈りしたのよ。

そのときは、病気になる前でびっくりしたんですけど、子どもってすごいな~って。」

「お正月に来たときは、その孫は泣いていました。」

「でも、今は学校で忙しいからね。そっちが優先です。」

 

お孫さんへの愛おしい気持ちが伝わってきます。

 

部屋に飾ってある写真の中のお孫さん、

「おばあちゃんが死にませんように・・・」

きっと、大好きな大好きなおばあちゃんのこと、今も毎日お祈りされているでしょう。

 

ダウンロード (5)