家で過ごしたい!という思いが、入院先の先生や看護師さんの気持ちを動かしました。

 

「センセイ、私は家族とも話してこれからのこと、覚悟ができています」

退院の日、お家で話されたのがこの言葉からでした。

この言葉に胸が熱くなりました。

 

ご主人と息子さんは一生懸命で、気が利いてとっても優しい。

アイスクリームとか食べやすいかなと話していたら、

息子さんが早速買いに行かれ、

「これ、買ってきたから」と、おいしそうなハーゲンダッツ!

「あら、ありがとう!」

お母さんへの気持ち、伝わりましたね。

 

ご主人は、「みかんジュース、作ろうか?」

たとえ少しでも、口からはいるものは一番の栄養です。

 

あったかい家族に囲まれ、そろそろ帰ろうかなというとき、

うちのセンセイがあったかい手でギュッと握りながら、

「一緒にがんばりましょう!」と一言!

「センセイにそういってもらえたら、なんだか元気がでてきたわ!」

「私、がんばります!」

とひときわ明るい声!

 

ご本人だけでなく、ご主人と息子さんの笑顔もでてきました。

 

 

家で過ごされた時間は、数日でしたが、

いつも穏やかに微笑んで、握手をされるのは、最期の日まで続きました。

 

DSC_0035