「老衰」で家で最期まで・・・ある雑誌の特集のタイトルです。

 

 

特集の前置きに、心がひかれました。

 

~超高齢化社会となった今、地域医療に「看取る力」が期待されています。~

と始まっていました。

 

特集では、「老衰」の経過に付き添い、寄り添い、支え、その人らしい最期を支えるためには何が必要なのか、地域で「老衰」を最期まで支えきる実践が紹介されていました。

 

 

「看取る力」

 

 

最近、この言葉を考えさせられた方の旅立ちがありました。

 

特集にも書いてあった、これから期待したい「看取れるコミュニティ」

 

まだまだ、勉強しないといけないことが山積みです!

 

DSC_0475