「センセイ、聴診器で聞いていいかな?」

 

旅立ちの日、センセイが心音を確認していたときでした。

 

「だいぶ弱いけれど、心臓の音、まだ聞こえるかな・・・」

 

「センセイ、私も聞いていい?おじいちゃんの心臓の音・・・」

 

「いいよ、でも、わかるかな?」

 

「聞いておきたいの。おじいちゃんの最期のいのちの音」

 

初めての聴診器。

 

お孫さんは、とっても丁寧にいのちの音を涙ぐみながら聞いてくれました。

 

その腕には、8か月の赤ちゃん。

 

おじいちゃんにひ孫をみせたいと思っていたお孫さん、夢が叶ったと話してくれました。

 

ママになったお孫さん、次は男の子がほしいそうです。

 

いのちのつながりを感じた時間でした。

 

DSC_0562