旅立ちの時、お孫さんの胸の内を聞き、胸が熱くなることがありました。

 

 

死亡診断書を手に、ふと、お顔をみるととても穏やかなお顔が目に入りました。

 

そばにそっと寄り添っているお孫さん、涙に溢れながらも穏やかな時間が流れていました。

 

ご親戚やご友人など、おじいちゃんに関わる方々とのお別れも終わっていました。

 

「おじいちゃんは口だけの人じゃなかった、だって、こんなにおじいちゃんのために人が集まっている!」

 

そして、だれもいなくなったとき、お孫さんは自分の決意を語ってくれました。

 

「センセイ、おじいちゃんの作ってきた人とのつきあい、つながりを、これからは、わたしがつないでいこうと思うの!それが私におじいちゃんが残してくれたこと・・・大事にしたいの・・・」

そして、

「おじいちゃんの生きた道を同じように、わたしも歩きたい」

 

若干20歳すぎの彼女の決意に、おじいちゃんからの愛情と強く深い絆が見えました。

 

大丈夫、あなただからできます!おじいちゃんがきっと守ってくれる!

 

おじいちゃんの生きた道、ちゃんと、お孫さんたちがみていましたね。

 

DSC_0563