退院されたご主人が、奥さんに感謝のことばを話されるとき、あったかい時間が流れました。

 

 

がんの痛みのコントロールのため入院、「家に帰りたい」思いが退院につながりました。

 

退院された日、ご主人が話されました。

 

「家に帰ってきて、よかった!

最後まで嫌な顔もせず、下の世話をしてくれるのは、妻。

こうやって、家に帰れたのも妻のおかげ。

ありがたいと思っている。

ほんまに思っている。」

 

奥さんがそれを聞いて、

 

「涙がちょちょぎれる、

そんな風に思ってくれていたなんて・・・うれしい!

こんなことば、初めて聞いた!」

 

と、とってもうれしそう!

ご主人も奥さんも、私たちも、みんな、微笑みながら、目がうるうる・・・

 

感謝の気持ちを言葉にするって、できそうでできないもの。

これまでのお二人には紆余曲折、いろいろあったことでしょう!

でも、今日のこの日に、感謝の気持ちを言葉でちゃんと伝えられたご主人。

奥さんも本当にうれしかったと思います。

 

今日からの生活、お二人の大切な時間になりますね。

 

そうそう、奥さんのお味噌汁、大好きで毎朝欠かされなかったそうです。

パンにお味噌汁、だったようですが・・・

 

2fdb4b562272a098f020466586edb480