看護師さんからの何気ない声かけ、思った以上に患者さんやそのご家族の元気の源になっています。

 

 

 

訪問する1週間前に退院された義和さん、

 

入院中の看護師さんのお話を真面目にお話し下さいました。

 

「私は、入院中、看護師さんが元気の源でした!

朝一番、看護師さんの笑顔で心が明るくなり、大丈夫っていわれると、その声だけで、すごく元気になるんですよ!」

 

と、ガッツポーズ!

 

すごい!看護師さんパワーがあふれています。

 

 

それから、しばらくして、病状が増しベッドから起き上がれなくなったとき、

 

「さっき来たときは顔色も悪かったけれど、今は、いい顔色になりましたね!」

 

と看護師が声をかけると、

 

「ありがとう!やっぱり、看護師さんにそういわれると、うれしい!うれしいな~!」

 

って、笑顔で手を握ってくれました。

 

何気ない、ナースのひとこと、日常的になっている声掛け、当たり前のようなことが当たり前ではなく、心の支えになっているのです。

 

すごいです!看護師さんの声かけや関わりが、生きる希望にかわるのですから!

 

看護師さんから力をもらっていたと話された義和さん、

 

桜の花が咲きそろう前に、穏やかに旅立たれました。

 

義和さんの白衣の天使に、近づけたかな・・・

DSC_00201-600x401