人生の最期のとき・・・どのように過ごしたいか、思いは様々です。

 

 

「センセイ、母の残された時間に、限りがあるのなら・・・・・・・

 

   ね・・・         」

 

と、涙ぐんだ目で話された息子さん、

 

「そうですよね・・・」

 

息子さんは遠くにお住まいにもかかわらず、毎週来られ、数日一緒に過ごされ、また戻られ・・・を繰り返されています。

 

 限られた時間を一緒に過ごす・・・お母さんにとって、一番の安心になっています。

 

 

行きたいところがない?って、話をしていたとき、

 

ふいに息子さんに声を掛けられました。

 

「また、一緒に旅行に行こうね」と。

 

息子さんの顔を見ると、本当に穏やかな笑顔で、ゆっくりと頷かれました。

 

言葉なんていらない・・・そばにいる時間。

 

人生の最期の時、いかに幸せに過ごすか・・・ことばにできない思いが交錯していました。

 

 

yakei_018