青春を謳歌された友、友情がステキな奇跡を起こしてくれました。

 

数日前からベッドの生活。

 

訪問中の奥さんのひとことから、ドラマが始まりました。

 

「主人は、JAZZが好きだったのよ!」

「JAZZのCD、ありますか?一緒に聞きましょうか!」

車の中に積んであったCDを息子さんがとりにいってくれました。

一曲目は、”What a Wonderful World

曲が流れると、ご主人の顔が、少し緩みました。

 

息子さんがひとこと、「思いつかなかった・・・よかった!」

 

でも、ドラマはここから始まったのです。

 

「友だちにサックスプレーヤーがいてね、でも、病気になってからは、本人が嫌がってあってないんです。」

「CDじゃなくて、生演奏してもらえたらいいのにね」

「あ、今から電話してみます!」

 

奥さんの素早い行動に心の中で拍手!!!

 

「今から、一時間くらいで来てくれるらしい。明日は、ライブが入っているからダメだけど、今からあいてるって!」

 

ウソみたいな本当の話。今から、生ライブ!

 

ライブを一緒に聞きたい!

 

というわけで、自宅がライブ会場に!

 PaperCamera2016-04-06-21-49-17

 

みんなが魔法にかかったような一日になりました。