やっぱり家で好きなように暮らしたい!その思いを奥さんが叶えてあげました。

 

「家に帰る!」

 

昨日や今日のことを忘れたり分かりにくくなってきていたある日、食道がんと言われ入院。

 

「家に帰る!」

 

でも、奥さんは不安で不安で・・・最期の日まで家でみるのが怖いと話されました。

 

それでも、ご本人は煙草が一服できる家に帰りたいと。

 

その思いが叶えられました。

 

「家に帰ります!」と奥さん。

 

 

家に帰って来られた日、優しい笑顔がみれました。

 

「しんどうない、大丈夫や」

 

喉が通りにくく、食べることが難しくなっていました。

でも、ソーダアイスはお気に入り。いつも美味しそうに食べられました。

 

そして、窓を開けて、外を見ながら一服・・・

 

「しんどうない、大丈夫や」

 

奥さんはお仕事に行かれ、これまでのように過ごされました。

 

旅立ちの日は近づいていましたが、お二人の時間はいつもと変わりません。

 

家で過ごすって、普通に過ごすことなんだなと改めて感じました。

 

旅立ちの前日、アイスも食べられず煙草も吸われませんでした・・・

 

お父さんの息が苦しそうと連絡がありました。

 

お伺いするといつもの笑顔がなく、苦しそう・・・

 

息苦しさが少し落ち着いたとき、奥さんににっこり微笑まれ一言、

 

「大丈夫や、寝~や」

 

その数時間後、旅立たれました。

 

最期まで笑顔・・・

 

今も思い浮かぶ笑顔・・・

 

家で奥さんと過ごせてよかったね。

 

その笑顔、忘れないです。

 

DSC_0832