「センセイ、お願いがあります」心に残るお願いを聞きました。

 

余命幾許も無いことがわかり、

エンディングノートも書き、

身辺整理もされ、

入院。

 

最期を迎える覚悟で入院。

 

でも、

家でも過ごすことができるという選択肢を聞かれ、

気持ちが変わりました。

 

当の本人さんは不安ばかりだったのですが、

奥さんが「家に帰ろう」と笑顔の覚悟!

 

でも、本人さんが・・・という周囲の不安に

奥さんの心強い一言!

 

「私が説得、いえ、納得させます!」

 

素晴らしい!心の中で拍手するつもりが、思わずその場で拍手してしまいました。

 

さらに、そのあとの奥さんの一言にキュンときてしまいました。

 

「センセイ、お願いがあるの・・・」

 

あらあら、何?

「私、おっちょこちょいなんだけど大丈夫かしら・・・」

「初めてのことだし、いろいろと教えてください。」

 

大丈夫!この覚悟と思いがあれば、大丈夫なんです!

 

退院の日、今度はご主人からお願いを聞きました。

 

「センセイ、お願いがあります。」

何だろう?

「最期の一秒、この一秒を楽に迎えさせてほしい!」

えっ?

「家族のためにも、最期の一秒を楽に迎えて安心させてやりたい。センセイ、任せたよ!」

 

最期の一秒、一生分にも値する最期の一秒、

こんなステキな表現があるのかと心に残る言葉でした。

 

 

旅立たれた日、奥さんと娘さんがお父さんに話されました。

 

「お父さん、最後の一秒までありがとう!幸せだったね」

 

最期の一秒、一生忘れることのない大切な時間です。

 

 

 

センセイへのお願い、叶ってよかった・・・

 

gatag-00013007