「退院したら、すき焼きにしてくれ。」

退院の決まった日に、お嫁さんに笑顔で注文。

100歳に近い年齢とは思えないくらい、つい数週間前までなんでもできていたとか・・・

どうしても家に帰りたいという思いとは逆に、病状は下降線。

それでも、最期は家に帰りたいという思いから、いざ、退院!

 

退院のお祝いはもちろん、希望通りの「すきやき」

「たくさん食べてくれた」とご家族のうれしそうな笑顔。

お肉が好きなんだと思っていたら、

「お肉はたべないんです」

「えっ!」

「なんで、すき焼き?」

なんと、息子さんがすき焼きが一番好きだから!とのこと・・・

 

なんだか、こころがふわっとあたたかくなりました。

 

 

 

翌日、穏やかに旅立たれました。

 

家族に囲まれて、家族団らんのすきやき、おいしかったかな・・・・。

gatag-00002482