「センセイ、お迎え、まだかな?」

 

 

病院嫌いのヨシコさん、

バリバリのキャリアウーマンでした!

 

体調が悪くなっても、仕事が一番!

病院なんて、とんでもない‼

 

でも、

とうとう、限界の時がきました。

 

娘さんの家で最期まで過ごされることを決められ、

 

私たちがお家でお出逢いした時には、

 

「あとは、お迎えが来るのを待つだけです。

センセイ、よろしくね!」

 

と、とても落ち着いたステキな笑顔でお話しくださいました。

 

 

いよいよ旅立ちの日も近づいてきました。

 

 

ベッドで心地いい感じで寝ておられるそばにいると、

 

とても静かで穏やかな時間です。

 

 

いつも帰り際に、

にっこりと笑いながら手を振って、

「センセイ、お迎え、早めに頼むね。」

と、お願いごとをひとつ頼まれます。

 

でも、今日は、

 

微笑んで、

手をゆっくりとあげて、

左右に「バイバイ」・・・

 

そして、

「ありがとう・・・」

と。

 

時間の流れが止まったかのような穏やかな時間でした。

 

ありがとう、ヨシコさん。

 

gahag-010688