「在宅マジックですね。」

 

退院された病院のケースワーカーさんの言葉です。

 

「もう一度だけ、故郷の母に会いたい」

 

残された時間は限られていました。

 

お父さんの願いをぜひ叶えたいと、奥さんと娘さんが家に帰ることを決められ、

 

故郷の島根までの旅を計画されました。

 

退院の日、とてもうれしそうなお父さんとご家族に一安心。

 

「島根まで、行けそうな気分!」と話されていた通り、

 

願いは叶いました!

 

実は、いけないかもしれないと思っていたのがみんなの本心・・・

 

 

「在宅マジックですね!」

 

まだまだ、続きます!

 

食欲もなく、何も食べれていなかったのに、旅館での美味しそうな食事が食べれました!

 

一口ずつとはいえ、食べれるなんて!

 

「これは、何マジック?」

 

温泉にも入れました!

 

温泉につかるお父さんの写真は、本当に気持ちよさそうでした。

 

「温泉マジック!」

 

もう会えないかもしれないと思っていたお母さんとも会え、

涙、涙、涙・・・

ご親戚の方も来られ、大家族で記念撮影!

 

「家族の絆ですね!」

 

退院のとき、部屋までの階段は車いすを使われました。

島根から帰ったとき、娘さん2人に手伝ってもらいながらとはいえ、車いすをつかわずに部屋まで戻られたと!

 

 

故郷に行かれ、お母さんや親せきの方にも出会われ、奥さんと娘さんと過ごされた旅、

 

不思議なパワーが引き出された旅となりました。

 

 

故郷の旅から1週間後、

 

穏やかに旅立たれました。

 

 

「在宅マジックですね。」

 

今日は、この言葉が心に残りました。

 

    1840