そろそろ、ベッド、借りませんか?

 

 

病気が進行していく中で動きにくくなったり、不自由に思うことが増えてくると、

 

「そろそろ、ベッド、借りませんか?」と声をかけることあります。

 

もちろん、ご家族や本人から相談を受けることも。

 

でも、そんなとき、人によって感じ方はさまざまです。

 

 

絶対にベッドがあると過ごしやすいのに・・・というベッドへの期待の賛成派

あるいは、

ベッドを使うなんて!病人みたい!何も変わらない!今のままでいい!・・・という反対派

 

 

今回は、ベッド反対派の奥さんと、ベッド賛成派のご主人との

ベッドとの、戦いでした!

 

戦いの中、だんだんと動きにくくなっていく毎日、

 

とうとう、「ベッドを借りたい」と奥さんから希望がありました。

 

こういうときは、スピードが命!

 

ケアマネさん、福祉業者の方といつもの連携プレー!

 

早速にベッドが入った次の日、

 

「こんなにぐっすり眠れたのは久しぶり!」

 

とあまり笑わない奥さんが、笑顔に!

 

リクライニング機能で呼吸が随分と楽になったそうです。

 

「よかったね!」

 

ケアマネさん、福祉業者さん、うちのセンセイもナースも

 

ニッコリ笑顔で心の中はブイサイン(^^)v

 

ご主人も同じ気持ち!

 

ベッドのおかげで、最期の日までお家で過ごすことができました。

 

一番の勝者は、「ベッド」でした!

 

bd_girl_sleep