今日、訪問した家の娘さんから、うれしくなる言葉を聞きました。

 

 

「実はセンセイ、私、お医者さんになりたかったんです。」

 

「え!そうだったの!」

 

「でも、センセイと出会って、思いました」

 

「?」

 

「お医者さんて、

センセイみたいに、父が亡くなる最期の日までどんな風に過ごすか、

父らしく過ごせるように私たちと一緒に考えてくれる人、

それができる人がお医者さんになれる人なんですね。」

 

センセイは、照れながら、

 

「そんなことないですよ・・・

僕ではなくて、娘さんたちがお父さんのことを一生懸命に考えて

お出かけされたことのほうがすばらしいですよ」

 

「いえいえ、・・・・・・」

free-icon-3g-192-iconhoihoi

 

 

センセイと娘さんの会話、

その間でお父さんの穏やかな顔がすべてを語っているようでした。