さっぴのよもやま話㊱ ~「大丈夫」の大切さを知る~

 

三田は快晴です( *´艸`)

桜が芽吹いてきてます( *´艸`)

 

春うらら~♪と外を眺めていると

はあーはあー 息の荒い娘がランニングから帰ってきました。

「あっつーーい」

冬なのに半袖で過ごす(;・∀・)

 

娘はテニスをしているのですが、試合になるとかなりの時間走っていなくては

いけないらしく自主トレにもはげんでいます。

 

ある試合形式の練習の時、あまりの苦しさから息を「吐く」ことより「吸う」こと

に必死になりました。

コーチたちはプロ。

「座って 息を吐け!」

娘は ガクッと落ちるように座り涙を流しながら 呼吸を整えました。

過換気・過呼吸です。

 

「大丈夫!コーチたちも何回苦しんだか( ´∀` )」

と、背中をさすってくれたそうです。

 

娘は「大丈夫じゃないときに大丈夫!ってふざけるな」と最初は思ったらしいです(笑)

 

2度目におこったとき

「大丈夫か!?」って言われたとき「大丈夫です!」と 立ったまま立ち直れたそうです。

「大丈夫(*^-^*)」

一緒に笑ってしまったそうです(*^-^*)

大丈夫。

魔法の言葉ですね( *´艸`)

 

36