さっぴのよもやま話②です。

今回のお話は、『1 5年ぶりに動いたとけい』です。

『1 5年ぶりに動いたとけい』

 

あるお宅の片付けに行きました。

お父様やお母様が大切にしていたものが

たくさんありました。

「捨てるに捨てれなくて…」

一つ一つに 思い出が。

リビングに飾ってある花の絵を前に

涙が…。

「ここで こうやって見てたの。今は車椅子に

なっちゃったけど…」

思い出が詰まった絵なんだろうなー

肩をさすることしかできませんでした。

 

お孫さんがふと

「このとけい 俺使うわ」

歴史のあるとけい。

 1 5年使われていないとけい。

 

電池を入れ替えると、チク…タク。チク……。

音はなっているのに動かない。

ダメなのかなー?(;_;)

 10分後。チックタック。チックタック。

動いたーーーー!

しかも、正常に♪

止まっていた時間が 動き出しました。

おじいさまから おまごさまへ 引き継がれた

瞬間でした!

さっぴは 感動です!(*´꒳`*)

 

 tokei

 

iPhoneから送信