ここ数年、40代や50代、そして30代の方とのお別れが多くなってきました。

 

2人に一人ががんといわれる時代。

 

ご両親が子どもさんの介護をされることも珍しくなくなりました。

 

病気と向き合いながら、母に面倒をかけたくないからと、

ホスピスを希望されていた50代の男性。

とても物静かで穏やかな方でした。

その方が、最後の最後で、「家に帰ろうかな」と心の思いを話されました。

 

お母さんも不安そうでしたが、「息子が帰りたいなら」と退院を決められました。

 

限られた命の時間は、長くないことも承知の上で・・・。

 

お母さんの介護は、細やかで丁寧で、まさに「家」がぴったりの方でした。

家での生活は大変なこともありましたが、「大丈夫です」と前向きに過ごされていました。

 

旅立ちが近づいたとき、息子さんはもう話すことはできない状態でした。

 

でも、

最期のとき、息子さんはお母さんに最後のことばを伝えられました。

 

「ありがとう」と。

 

そして、にっこり微笑まれ・・・。

 

 

息子さんの「ありがとう」とその微笑みに、お母さんへの思いが感じられました。

 

先に亡くなったことは親不孝かもしれませんが、

 

お母さんに気持ちが伝えられたことは親孝行だと思います。

 

「最期にありがとうっていってくれたんです」とお母さんは何度も話され満足そうでした。

 

ありがとうの思い、伝わりましたね。

 

images (2)