訪問に行くと、「これ飲んで」といつもサイダーが登場するお家がありました。

 

 

入院するのが当たり前、そう思われていたお家でした。

 

何度も入退院を繰り返される中、

 

とうとう入院中に「家に帰る!」と強引に帰られることも・・・

 

動けなくなったとき、本人は入院は嫌だとハッキリ言われました。

 

そんな夏の終わりに、お出逢いしました。

 

訪問したとき、お父さんはうちのセンセイにお願いされました。

 

「センセイ、好きなこと言うけどな、見捨てんといてな!」

「大丈夫、大丈夫」

奥さんがサイダーを出され、

「何にもないけど、飲んで。お父さん、サイダーすきなの」と。

夏の暑い日、サイダーをみんなで飲みました。

 

また違う日、奥さんが「周りから入院しないでいいのかといわれた」と弱弱しく一言。

「お父さん、入院、したい?周りが心配してるみたいよ」

お父さんは元気な声で一言、

「入院なんかせんでよい!センセイ、見捨てんといてな!」

「大丈夫、大丈夫‼」

「最後にええセンセイにであえて、ほんまによかった、よかったわ~!」

奥さん、「それなら家でみます」と決意表明!

手にはサイダーがありました。

 

いよいよ、旅立ちの時。

最期まで家で過ごすことができ、お父さんの思いは叶えられました。

 

センセイが死亡診断書の説明を始めたとき、

奥さんは台所に。

その手には、サイダーがありました。

 

季節はもう秋。

氷のカランという音が寂しく感じるサイダーでした。

 

最期までセンセイは約束を守りました。

家で過ごせてよかったね。

 

お父さんの顔は少し笑っているように見えました。

 

illustrain09-nomimono4