在宅医療はだれのもの?

 

24時間365日対応します。なんとまあ大それたこと。それを掲げるのが在宅療養支援診療所。

 

 

 

 

そんなことできるわけない。

 

だって、お風呂にも入るし、トイレにも行く。

 

自分の親の介護をしていることもあるし、子供の学校や塾の送り迎えをすることもある。

 

では、どうやって24時間365日対応ができているのだろうか?

 

 

なんか言い訳っぽい話をします。

 

 

在宅医療は、患者さんやその周りの方や地域のものだと思う。

 

患者さん自身の『お家で暮らしたい』という想いに、乗っかって、何とかうまくいく。

 

24時間365日は、患者さんの想いの上に存在する。

 

僕がやれているのは患者さんのおかげ。

 

 

まだまだ下手ですね、表現が。ごめんなさい。

 

 

いつか表現できるようになりますように。。。

 

 

 

IMG_2698

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 町医者・かかりつけ医へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村