前々から言っておきたかったことがある。

この街の市民病院は素晴らしい。なぜなら、そこの地域医療連携室が本当に素晴らしいからだ。

 

 

 

 

彼女たちは、地域で暮らす方々のことを第一に考えて、連携をしている。

 

病院のためではなく、患者さんのための連携。

 

 

どの部署やどのグループやどの場所でも、

 

最近では、連携連携と、よく耳にする。

 

 

誰のための連携なのか、を忘れてはいけない。

 

自分たちのためではなく、患者さんのための連携。

 

すぐに病院を追い出されるとか、長い時間待たされるとか、

 

とおり一辺倒のこの病院の評判は聞く。

 

 

しかし彼女たちの素晴らしいところは、

 

どこまでいっても患者さんのための地域連携だ。

 

地域医療に挑戦して20年。

いろいろな病院の連携室を見てきた。

市民病院の連携室とは15年以上の付き合いがある。

どの病院の連携室よりも素晴らしい。

彼女たちには脈々と受け継がれている歴史を感じる。

市民病院の良いところ悪いところに向き合い、

そして、患者さんと向き合っている。

 

なので、本当に自慢したい。

 

 

この街の市民病院は素晴らしい、

 

なぜなら、一番の地域医療連携室があるからだ。

 

 

これからも、いくつもの壁にぶつかるだろうけど、

 

地域連携の力で、

 

乗り越えて欲しいと心から思っている。

 

 

IMG_2728

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 町医者・かかりつけ医へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村