研修医のせんせいが10月11月12月1月と

それぞれ1週間ずつクリニックに来てくれる。

地域医療を勉強するために。

 

 

 

 

僕の研修医時代は胸部外科の研修で、

朝から晩まで院内に張り付いていたことを思い出す。

 

 

 

朝の6時半から入院患者さんの採血。

7時半から教授回診。

8時半から病棟患者さんのガーゼ交換。

9時半から手術患者さんの手術室搬送。

10時半から全身麻酔の手術が開始、研修医の僕は手術室の端っこで、見学。

だいたい手術時間は3時間から5時間位。

手術が終わるのが15時位。

16時位に麻酔を冷まし、術後管理病室へ。

17時半ころ先輩のお昼ごはんを院内売店に買い出しに。

19時頃からベッドサイドに張り付いて患者さんの術後管理。

22時頃手術後6時間ぐらいでの変化は重要。

その後、再度先輩の御飯の買い出しに自転車で院外へ。

晩ごはんをお持ち帰りのお弁当で済ませたら、再びベッドサイドへ。

24時頃先輩医師は帰宅。

やっと自分の時間になったのを見計らって、教科書を開きながら、カルテを船を漕ぎながら、書く。

気付くと26時。

病棟の詰め所横の搬送用ベッドで仮眠をすると

深夜勤務の可愛い看護師さんが厳しく『採血の時間やで』

 

この生活を2年。

 

今の僕の礎となる医療技術が身についた2年でした。

 

IMG_2790

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 町医者・かかりつけ医へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング