排便コントロール。

 

 

 

 

在宅ホスピスにおいて、

患者さんの在宅生活の維持において、

認知症進行を防ぐ上で、

 

とっても重要である。

 

 

 

訪問看護で、調整する。

何をしているか?

 

薬の調整?

 

いや違う。

 

一番しなければいけないことは、

普通に排便があるように、

今までの生活習慣の中での排便のように、

整える。

 

水分摂取量把握や

食事内容や

腹部温罨法や

運動量UPや

入浴や・・・・。

 

いろいろある。

 

 

決して、お薬の調整や浣腸をして出すことだけを、目的にはしていない。

 

 

排便コントロールがうまくいくと、

食欲もわき、

生きる元気もわき、

長生きできる。

 

お薬を調整することだけではない。

 

 

排便コントロール。

 

生活を整えること。

 

 

IMG_2741

 

 

 

ぜひ相談してください。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング