ザイタク医療に取り組むことに決めたのは、

祖母を在宅で看取った経験から。

 

 

 

彼女は肺がん末期で、脳転移症状があった。

脳転移に対する放射線治療を受けるために病院に

何度も入院していた。

 

彼女が言った。

「お家に帰る」

帰りたい、ではなく、お家に帰る。

 

なので、帰ることができた。

なので、お家で看取ってあげることができた。

 

あの時、

「お家に帰りたい」

だったら、帰れたのだろうか・・・。

 

あれから20年も経ち、

何かを変えることができたのだろうか。

 

今も、

「お家に帰る」

と言って帰ってこられた方々とともに

ザイタク医療に取り組んでいる。

 

「お家に帰りたい」と話される方々が

「お家に帰る」とはっきり言えるように、

もっともっといろいろなことに取り組みなさい!と

昨晩、祖母に激励された夢を見た。

 

IMG_2713

 

気持ちが落ちそうな時、

祖母はいつも笑顔で叱咤激励してくれる。

がんばります!

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング