ザイタク医療を継続し、10年経った。

 

いまだに在宅医療ってどんな人に??と、

在宅医療をご経験されたご家族にたずねられる。

 

そして、目の前にザイタク医療があっても、気づかれないことがある。

 

灯台下暗し。なことがよくあり、もっと明るくなりたい。

 

 

認知症の70歳くらいの奥さんが、

肝臓がんのご主人を看取ったことを思いだした。

 

大きな病院からのご紹介で、面談のときには、神戸にお住まいの息子さんご夫婦と話した。

父はさいごまで家で暮らしたい。その願いを叶えてあげたいので、よろしくお願いします。と。

息子さんご夫婦は僕と同世代。

ザイタク医療は、末期がんの方に提供されるものと思いこんでおられた。

認知症の母親が、さいごまで父を見届けることができるか心配されていた。

認知症はあったが、ご主人をしっかりとさいごまで介護され、見送られた。

旅立たれたご主人もご自分のさいごの時に、おっしゃった。

わしも診てもらってるけど、認知症の妻も、ザイタク医療してやってほしい。

わしが死んでも、その後も、つづけて来といて欲しい。

妻はしょっちゅうコケて怪我するし、傷の手当やら、

話し相手ぐらいにも、先生や看護師さんが来といてくれると安心や。

もし妻になんかあったときも、先生から息子らに連絡してやって。

仕事のある息子らにあんまり迷惑はかけられんからな。と話された。

もちろんです!とお伝えすると、とっても安心されていた。

 

ザイタク医療は、お一人で通院できない方が、対象となります。

もちろん、軽度の認知症の方も対象です。

生活の中には、きっと医療が必要な瞬間があります。

そういった時に慌てないためにも、

普段からザイタク医療のご利用をご提案いたします。

 

そういえば、

認知症の母親がひとり暮らしになったあとも、

息子さんご夫婦は、けっして、介護離職することなく、

ザイタク医療の提供を受けながら、

在宅生活の支援(介護サービスの調整等も含め)を

神戸から続けることができていた事を思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング