延命治療について、『非開始と中止』で前回書いた。

今朝の神戸新聞でも、一面で、延命治療についてのアンケート結果が載っていた。

 

人生会議のポスターの記事や、

延命治療についてどうすべきかの記事を見ると、

『人生の最終段階に関すること』

一般市民の間で、かなり、注目が集まっているように感じる。

 

今こそ、医療者任せにすることなく、

患者さんや市民さんが自分たちで考える時だと思う。

 

自分たちで、自分たちのさいごの過ごし方を、考え決める。

 

これこそが、

人生100年時代であり、

多死社会である、

今を生きる私達の、

取り組まなければいけないことだ。

 

この取り組みは、

きっと良い意味でのレガシーとなるはず。

次世代のためになるはずだ。

 

そこで、今日は、抗がん剤について。

 

抗がん剤のみでの根治は、現段階では困難である。

では、抗がん剤の最大の目的はなにか? 『延命』だ。

つまり、抗がん剤も、延命治療なのだ。

というわけで、抗がん剤にも『非開始と中止』が、存在している。

 

もし延命効果が得られなくなった時は、すぐに中止するべきである。

延命効果が無くなれば、その逆が起こる。

延命の反対語は、落命。命を落とすこと、になる。

 

抗がん剤は絶対に止め時がやってくる。

命を落とすまですることはない。

命を大切にして欲しい。せっかくの命だ。

 

延命で得られた(抗がん剤で得られた)大切な時間は、

有効に使って欲しい、周りの家族や、仲間や、社会のために。

差し出がましい事を言って申し訳ないが、本当にそう思っている。

 

せっかくの手に入った命。手に入った大切な時間。

周りの人に使ってあげて欲しい。

抗がん剤の実験台になる必要は、決してない。

 

自分のために、周りの人のために、大切な人のために、

せっかく手に入れた命を使って欲しい。

 

これ以上続けると、

熱くなりすぎるので、今日はここまで。

ありがとうございます。

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング