いのちの文化・死の文化の話は以前のブログで書いた。

今日の神戸新聞の一面にも、『死』を話題4割に抵抗感、と言う記事があった。

 

「せんせい、やっぱりみんな他人事なんですよね。このつらい思いを共有できないことは悲しいなと感じています」

 

家族や、友達や、仲間や、知り合いとの別れはとってもつらいことだ。

でも、このつらい気持ちを、一緒に悲しむことができると、

悲しみと同じくらい、喜びもやってくると思う。

 

 

「家族以上に、お葬式で泣いたんですよ、僕は」

亡くなられた方と同世代の青年が先の言葉のあとで話してくれた。

一緒に来ていた先の言葉の方は、その言葉を聞き、

とっても素敵な笑顔になった。

 

悲しみは、決して消えることはないが、

共感は喜びにもなり、笑顔にもなれる。

 

泣いて泣いて泣いて、笑って泣いて、泣いて笑って、笑って泣いて笑って、

こんな感じで、生きていくしかない。

一緒に生きていくしかない。

 

人間は100%死ぬ。

『死』は悲しいことであるが、

そのことを共に感じることができれば、

きっと大切な笑顔も生み出せる、と思う。

 

みなさんと、もっと『死』の話、したいですね。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング