転ばぬ先の杖。失敗しないように、前もって準備・用心すること。

 

「何か起こってから」の地域連携は、家族のため。

『転ばぬ先の杖』の地域連携は、本人のため。

 

最近、よく感じることだ。

 

地域連携には正解などはない。

地域ごとに違うし、病院ごとでも全く違ってくる。

さらに、患者さんはそれぞれに全く事情が違う。

 

ただひとつ、一致すること。

それは皆、患者さん本人のための地域連携でありたいと思っていること。

 

我々は、家族のためのサポーターの前に、本人のためのサポーターでありたい。

 

いつもそれを考え行動している。

 

『転ばぬ先の杖』の地域連携が、ひとつの答えだと思う。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング