『在宅ホスピス』

 

『その人らしく』あってもらえるように、タナカは緩和医療を提供する。

 

『その人らしく』は、

生活をしてきた空間や景色、

生活を共にしてきた家族や仲間、

生活を共にしてきた猫や犬、

生活を共にしてきた畑や庭、

生活を共にしてきた自動車やバイクや自転車、

生活を共にしてきた本や音楽や絵、

これらは、タナカが提供できる緩和医療より

圧倒的に、その人を『その人らしく』する。

 

今日のお別れも、そうだった。

 

彼女が育てた息子さんと娘さんが中心になって

手を握りながら、さいごまでお世話し、

彼女が育て上げたお孫さん達もかけつけ、

大切にしていた猫に囲まれ、

野菜のできる畑に囲まれ、

とっても大きな仏壇の中にいるお父さんに見守られ、

ピンク色のカーディガンと薄紫色のストール、

毛糸のベージュ色の帽子で、

とてもにこやかな微笑みを浮かべて、

旅立たれた。

 

『在宅ホスピス』がここにもあった。

お家は、やっぱりいいなあ。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング