お正月のドタバタがあっという間に過ぎ、

今日ぐらいになると少しだけ、お正月気分になれる。

 

昨日、高校ラグビー準々決勝をテレビでみた。

 

いつも思い出すことがある。

 

研修医の頃、病室で、

食事介助をしていたときのこと。

 

お名前も覚えている80代の男性Kさん。

大腸がんの術後感染で、重症化してしまい、

気管切開をしておられた。

なんとか人工呼吸器は外せていたのだが、

気管切開は必要な状態だった。

 

彼は、高齢の奥さんと二人暮らし。

奥さんは透析患者さん。

奥さんより長生きして見送ってやらないといけないから、

彼は高齢ではあったが、大手術を受けられた。

 

お正月の病室で、

桃屋のご飯ですよ!をお粥にかけて、

高校ラグビーを見ながら、

一緒に食事したことが思い出される。

 

彼は、結局、お家に帰れず、病院で旅立たれた。

 

お正月の高校ラグビーを見ると、

タナカが人生で初めて死亡診断書を書かせていただいたKさんのことを

今も思い出す。

 

あれから20年が過ぎた。

 

お正月にお家で家族と過ごせることは、

やっぱりとても幸せなことなんですね。

 

皆さんのお正月はどうでしたか?

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング