母の生活再建の道。

第一歩は独居生活の安定を図る。

 

生活再建の中で、いちばん重要な問題は、トイレだ。

 

トイレまでの動線とトイレの利用方法の確認。

動線(リビングのベッド⇔トイレ)は、バリアフリーで、つまづくところはない。

距離も3m程度。

 

トイレ動作の確認。

 

在宅生活をあきらめてしまうのは、立ち上がりと言われている。

トイレからの立ち上がりが困難となる、

そうすると、トイレの移乗が困難となる、

そして、独居在宅生活ができなくなる可能性が高い。

 

立ち上がりのポイントは2つ。

下肢筋力高さ

 

母の場合、パーキンソン病もあり、

下肢筋力の目覚ましい改善は見込めないので、

高さの微調整による生活再建を試みる。

 

トイレの座面の高さは普通、42センチメートル。

 

車椅子の座面の高さは、45センチメートルの設定のことが多い。

 

入院中の車椅子から立ち上がれたのに、

トイレから立ち上がれないことがある。

この数センチメートルの攻防が、勝負の分かれ目となる。

 

トイレ改修はしないと考えていたので、手すりの設置もしていない。

そこで、高さに立ち向かうためには、

体重移動を上手に使ってもらうことにして乗り越えようとした。

 

パーキンソン病は、姿勢反射障害と言って、

姿勢を整えることが下手になる。

なので、体重移動が非常に難しい。

しかしながら、

ある目標物があると、まあまあできる。

更に、仕切りがあると、もっと良い。

 

別宅老健のトイレは、いわゆる身障トイレと違って

両幅が狭いため、姿勢を調整しやすい視覚的な情報が入りやすかった。

そのため、

3センチの攻防は、

トイレからの立ち上がり、数回の繰り返し練習で、

なんとかクリアできた。

狭いトイレのおかげで、体重移動がスムーズにいったのだ。

 

立ち上がりを含めたトイレ動作に関しては、

概ね良かったのだが・・・。

 

 

まだまだ始まってもいない。

タナカの介護離職との戦いはつづく。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング