ここまで書いてふと気付いた。

 

力入ってんなあ。。。。

 

そりゃあ、うまくいかんわ。

 

自分が、自分が、自分が、

なんとかせなあかん、なんとかせなあかん、オレしかおらん、、、

 

ココロの叫び声が聞こえまくり。

 

全くダメです!!!アカンアカン。

こうなっては、ザイタクは難しい。

 

このあたりで、

タナカは一休みして、

介護保険とか

遠くの弟とか

近くのオヤジに

まかせてみたら良かったのだ。

 

それは無理やったのかなあ、

できたやろうな、

周りの人たちはアドバイスくれてたのになあ、

人の話を左から右に聴き流してたなあ、

と今頃になって反省する。

 

タナカの本職のザイタク医療、

その後、半年も、

片手間でしてしまうことになってしまった。

猛省している。ごめんなさい。

 

ザイタク介護、

特に自分の親の介護の時は、

『まかす』覚悟が必要だ。

 

自分の患者さんやご家族には、

そう話し伝えることができるのに、

事自分になると全然だめだった。

 

勝手に一人で、心が折れそうになっていた。

 

退院日のいろいろな調整で、最も辛かったのは、

その日の深夜に三田でお看取りがあったのだ。

 

 

三田⇔大阪を24時間で3往復・・・・・

最後には、路肩のブロックに車を擦り、

こんな生活してたら、

アカンアカンアカンと心で泣きながら

大阪に戻って、母の寝顔を見た時、

なぜだかとっても悲しい気持ちが襲ってきた。

 

介護離職寸前、介護離職前夜祭って感じだった。

 

もう少しつづく。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング