1995年1月17日。

タナカは大学2回生。

教養学部から専門学部へと移り

解剖実習や基礎医学の講義が、

専門学舎で行われている頃だった。

 

大阪の京阪沿線の大学だったので、

電車も再開していたため、午前中の講義があった。

その午前中は神戸からの同級生は来ていなかった。

 

当時は実家で生活していたので、実家から大学へ向かい、

いつもと変わらないかと思うほど、スムーズに大学に着いた。

 

午前の講義が、少し早めに休校になり、

11時ころ、いつも学生のたまり場になるごはん屋さんで、

テレビから流れる映像に目を奪われた。

 

ヘリコプターからの映像だった。

神戸の街々から火や煙が立ち上り、

あちこちの家やマンションが倒れ、

阪神高速の脚がへし折れてしまっている映像が、

何度も流れていた。

 

あの地震の日、ごはん屋さんでの頭の中の感覚。

 

毎日を大切にしていなかった自分を思い出す。

講義の単位を落としていることで頭がいっぱいだった自分。

このままでは3回生になれない。地震どころではなく、単位が心配だ。

行動しないといけない、神戸に行こう!と皆が言う中、

結局何もできない自分。

行動力のない人間?いや単位の取れていない人間が動いてはダメだ、と言い聞かせ、

単位を優先する弱い自分を正当化しようとしていた。

日々の努力を怠っていたツケが来ていた震災当日。

 

あの頭の中の感覚は、あの日の情けない自分と共に思い出される。

 

人間は地震や自然には勝てない。

毎日を大切に生きること、

毎日やるべきことをちゃんとやる、

これしかできないのだから。

 

だからこそ、

毎日を大切に。一期一会を大切に。

できない自分が情けない・・・。

 

こう、あの日思った。

 

25年がたった。

 

今日もこう思う。

 

毎日を大切に。一期一会を大切に。

まだまだできていないが、少しはマシかな。

『心づもり』始めよう。。。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング