『心づもり』

たとえばどんなことだろう?

 

以前、予期悲嘆の話を書いた。

大きな悲しみが訪れる時、悲しみを乗り越えやすいと言われている。

 

悲しみを乗り越えるために、『心づもり』をしておくのだろうか?

 

『心づもり』していても、悲しみはやはり深い。

ちょっとそれでは、なんだか辛い。

 

1周忌を迎えるあるお若い患者さんのお宅に

お線香をあげさせてもらいにいってきた。

 

この一年を、残されたご家族は、

泣いて笑って、笑って、泣いて、必死に生きてこられた。

悲しみは、やっぱり悲しかった。

でも彼らが一年、健やかに生きてくれたことは本当に嬉しかった。

 

この1年を、タナカは一緒に活動させてもらえて感謝の気持ちでいっぱいです。

悲しみと共に、嬉しい気持ちも、不謹慎だけど確かにあった。

 

『心づもり』

このことは、もしかしたら、

共通の言葉で話ができる仲間を増やすことになるのかもしれません。

 

悲しみをともに感じることは、

生きていく勇気にも変化していることも感じた。

 

『心づもり』もっと勉強していきたい。

 

Sくん、ありがとう。

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング