在宅復帰・在宅生活再開にあたり、

最近では、介護保険の利用をまず勧められる。

 

リハビリ病院や急性期病院からの退院の時、

在宅医・かかりつけ医なんかよりも、

介護保険の申請・ケアマネさん選び・デイサービスの利用の3点セットが、

だいたいお決まりである。

 

母の時も同様だった。

 

MSW「介護保険で、手すりとか、つけます?玄関の階段とかトイレとか」

母「介護保険と手すり???施設に行くつもりなんかないから、介護保険は要りません!」

MSW「リハビリも続けないといけないから、介護保険要りますよ。」

母「ワタシはココの先生に診てもらうし、通いますからリハビリはココ。介護保険なんて関係ないです。」

MSW「在宅生活始めるには、介護保険がいるんですが・・・。」

 

在宅生活再開するのに、はたして介護保険は必要なんだろうか?!

案外、いらんかも、って、思い始めてしまうような、会話。

 

といっても、タナカも必死。

勝手に介護保険やってみることにした別宅老健活動

 

ケアマネさんはタナカでいけるし、週2回のヘルパーさんもタナカでいけた。

あとは、デイサービス。

 

美容院デイ!!勝手に名付けた。

週2回、別宅から300メートルくらいのところにある美容院に歩いていく。

当クリニックの職員に付き合ってもらった。

美容院で、ヘッドスパをしてもらう。

キレイな美容師さんたちが、あれやこれやと話をしてくれる。

しかも、週2回確実に髪の毛をキレイに洗ってくれてセットしてくれる。

美容院デイに行く時は、徐々に、

お化粧をして出かけるように変わってきて、

洋服や鞄、靴などをどれにするか気にするようになっていった。

 

タナカ的にも家での入浴時、洗髪がない分、介助の時間短縮が図れた。

 

母の高揚感もあり、

キレイにすることもでき、

歩行機能改善も図れ、

サイコロジカルヴィクトリーが達成された。

 

母のサイコロジカルヴィクトリー。

これを引き出すのに一番効果的だったのは、

美容院デイ<ヘッドスパ>だった。

 

身体機能の維持と認知機能の維持、両方が可能。

認知症予防には前頭葉活動の刺激が一番

お出かけは最高のリハビリ!

身ぎれいにする。お化粧をする。

家族以外の人間と会話をする。

そして、歩く。

 

母の介護保険の拒絶もマンザラでもないなあ。。。。。

 

つづく。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング