昨年、日本でラグビーワールドカップが開催された。

最近では、ラグビーの話題が常にスポーツニュースで出る。

ラグビー選手もよくテレビに出て、

ラグビーが注目されていることはとっても嬉しい。

なかには悪いニュースもあるのだが、、、

 

 

ラグビー日本代表は、『ONE TEAM』を掲げて、ワールドカップを戦った。

本当に素晴らしいチームだった。

次のワールドカップには、きっともっと素敵なチームができると思う。

 

 

ラグビーは15人、1チーム。多くのポジションがあり、それぞれの専門性も高い。

試合となると、たとえ、グランドいっぱいに選手が広がっていても、

ONE TEAMでなければ、バラバラになって、試合には勝てない。

あちこちの局面での、タックル、パス、キック、スクラム、ラインアウト、モール、ラック、ジャッカル。

どれをとっても、どの選手も、一つの目的・目標を持って取り組み、局面を打開し、勝利を目指す。

みんなが『ONE TEAM』でなければ、勝利は手にできない。

 

ザイタク医療も、よく似ている。

多職種が、広い街に飛び出し、それぞれの局面を戦う。

ときには、孤軍奮闘かと思うほど寂しくなってしまうこともある。

でも、ザイタク医療も、やっぱり、『ONE TEAM』が大切だ。

一人で、局面を打開するチャレンジには、必ず目標があり、

この目標の共有が、そのチームで明確でならば

局面の打開は、決して孤軍奮闘ではない。

日々の取り組みの中で、きっと、ONE TEAM!!!になれると思う。

 

『ONE TEAM』の作り方は様々あると思う。

 

日本代表しかり、優勝した南アフリカ代表しかり、、、

三田市民病院しかり、済生会兵庫県病院しかり、、、、

三田市のザイタクしかり、神戸市北区のザイタクしかり、吉川町のザイタクしかり、、、、、

医療チームしかり、看護チームしかり、リハビリチームしかり、、、、

全部をごちゃまぜにしたチームしかり、、、、、、

本当に多様性に富んでいる。

 

ザイタク医療の現場で、素敵な『ONE TEAM』、作っていきましょう、ご一緒に!

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング