「先生心は痛いわよ、夜中に時々泣いてるの」

体は痛くない、お腹は痛くない、背中も大丈夫、下腹の痛みが時々あるの。

眉間にシワを寄せながら、暗く静かに話された。

 

そうなんや。

 

ココロは?!

 

・・・・・・・・・・。

そりゃあ、痛いわよ、夜中に一人で時々泣いてるの。

 

緩和医療なんて特別なものではなくても、

普通に、医療は、人の痛みに寄り添いたい。

 

人の痛みは様々だ。

 

痛みに寄り添えたなら、医療は、きっともっと素敵なものになるはずだ。

 

「ほな帰ります」

病室を出ようとすると、

「もう帰るの?、、、まだ話したいのに」

寂しそうなお顔。

「じゃあ、お家に、はよ帰ってきてくださいね」

「そうね・・・どうしようかしら」

「帰ったら、病院の悪口言います?!ココで話すのは、なんだからねぇ」

 

彼女は、はじめは少し暗く涙目だったけど、

この会話で少し笑顔になってくれた。

眉間のシワは、ちょっとだけ減っていたし、

顔色も黄色からポッとピンク色に。

美人で可愛いお顔が垣間見れた。

 

疼痛緩和って、どんな痛みに対しても必要で、

そこにユーモアがあれば、もっと楽しいかもですね。

 

次は、お家でお逢いしましょう!!!

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング