大きい病院には地域連携室という部署がある。

『地域を連携する』つまり、それは、『地域づくり』をする部署だ。

 

地域地域によって、連携の仕方は様々だ。

そして、いろいろな地域づくりがある。

 

病院から在宅に帰る時、

在宅から入院する時、

病院専門外来と一緒に在宅医が併診する時、

医療機関とは関係なく、高齢で暮らしている時、

介護保険サービスだけで暮らしている時、

地域の中で、一人でひっそり暮らしている時、

障害をお持ちで、福祉サービスを利用しながら暮らしている時、

、、、、、、、

 

様々な暮らし方の中で、何らかの変化が起こり、地域は連携していく。

 

地域連携室を全ての患者さんが通るわけではない。

でも、地域は連携していかなければ、

地域は作れないし、患者さんは幸せになれない。

地域連携室だけでなく、どの立場の人間も、

地域連携しなければいけないし、そのお一人お一人が

『地域づくり』の一端を担っている意識を持たなければいけないと思う。

 

そうすれば、きっと、みんなが暮らしやすい街になると思う。

そんな街を、どの立場の人とも、一緒に作っていきたい。

 

昨日、今日と、いろいろな立場の人が

そのことで、電話してきてくれて嬉しかった。

 

「先生は、お忙しいでしょ?」

「いえいえ、暇ですよ」

患者さんのために連携したいんですけど」

「よろこんで!」

 

ちょっと表現は、違うが、こんなニュアンスの電話が2本もあった。

ホンマに嬉しかった。

 

みんなで地域づくりしていきましょう!

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング