お看取りの時間(とき)は、何度経験しても緊張する。

 

タナカたちの取り組みで良かったのか、悪かったのか、

すべてが分かる時間(とき)だから。

 

まだまだ、改善しなければいけない事はあると思う。

ご迷惑をおかけしていることもあると思う。

ご家族にとっては満足な気持ちとは程遠いこともあると思う。

 

患者さんお一人お一人にとって、たった一度の大切な時間。

そのご家族にとっても、たった一度の大切な時間。

その時間は、一生心に刻まれるシーン。

 

今日、人生を全うされた方のお顔は、

とってもとっても穏やかでした。

ご家族は、満足そうに、でも少し寂しそうに、

「大往生でした、ありがとうございました」

と言っていただきました。

 

この大切な時間に関わる以上、

これからも謙虚に精進しなければ。

帰りの車で思いました。

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング