三田は朝、雪がチラツキ、道路はうっすらと白かった。

お昼には、跡形もなく溶けていたが。

それでも、寒いので、マフラーをぐるぐる巻いて出かけた。

 

昨晩の、NHKのドラマ「心の傷を癒やすということ」の中で、

心のケアで大切なことは「一人ぼっちにさせない」という話があった。

その言葉を思い出しながら、あるお宅に訪問した。

 

「せんせい、息苦しいのおさまって、今は落ち着きました。」

そう言って、ご主人がリビングに通してくれた。

 

ご本人を囲んで、ご主人、息子さん、娘さんが、

みんな、パジャマの格好で、いた。

洗濯物やワンちゃんや飲みかけの湯呑や新聞。

家族のリビングの風景。

 

彼女は、笑顔で、話してくれた。

「もうアカンかと思った。」

その言葉とは裏腹に、優しい温かい笑顔が見れた。

先日お逢いした時とぜんぜん違う素敵な笑顔。

 

一人ぼっちじゃない彼女は、

「がんばるわ。もうすこし。」と言って、

ギュッと力強く握手をしてくれた。

 

そばに寄り添うひとがいる。

一人ぼっちじゃない。

とっても大切なんですね。

 

帰りの階段を降りる時、

なぜだか、汗がでるくらい熱い気持ちが湧いてきて、

外の寒さが妙に心地よかったです。

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング