先生、痛がっておられるのに、

なんにもしてないのどうしてですか?

 

時々、一緒にザイタクを支えるヘルパーさんに聞かれることがある。

 

痛みにはいろいろある。

 

身体の痛み、

がんの痛み、

骨や関節の痛み、

筋肉が痩せていく痛み、

身体を動かせない痛み、

そして、

なによりも、ココロの痛み。

 

痛みを和らげることが、緩和ケア。

 

薬だけではどうにもならない痛みも多い。

「薬なんか、ダイッキライ」と言われてしまうこともある。

特に、ココロが痛い時は。

 

そばに居て、話を聞き、体をさすり、

怖がらなくて大丈夫だよ、と伝える。

ひとりじゃないんだよ、と伝える。

 

こんなことしかできない。ことのほうが多い。

 

でも、今日は笑顔の彼女がいた。

 

薬も、鎮静薬も、なんにも使ってない。

 

彼女は、彼女らしくありたいと人一倍思いがある。

 

「E子さん、ご主人に出逢えて本当に良かったですね。

こんな優しいご主人、他にはいませんよ」とタナカ。

「僕は、彼女におこられてばっかりですけど」と照れくさそうなご主人。

 

この会話を聞いていた彼女は、笑ってくれた。

とっても誇らしげな彼女の笑顔が見れた。

言葉にはされなかったが、

「ワタシが選んだ人ですから!当然です」と話された気がした。

 

痛みをとるには、

その方の尊厳を保つこと

なにより大切だと思った。

 

玄関まで送っていただいたご主人の目には、

嬉し涙と寂し涙があったように思った。

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング