「せんせい、僕セロトニンほとんど使えてないんです。

なので、医者に、死んでるようなもんや。と言われました」

最近、高齢の母を、都会から引き取って、お世話している少し病弱な息子さんの言葉。

 

セロトニンって、簡単に言うと『幸せホルモン』

セロトニンがうまく使えていないと、心のバランスが崩れる。

 

そんな息子さんがこうも話していた。

「母の世話して気付いたんですけど、こんなに笑う母、ここ最近ずっと見てなかったです。

三田に連れて来てから、ずっと調子いいんです。よく笑うんです。

以前の医者の処方薬、どれももう飲んでないんです。お薬やめたから、調子いいんでしょうか?」

 

冗談を言って笑いながらタナカと話す母親を、

そばでみている息子さんもまた、

とっても素敵な笑顔でした。

 

セロトニンって、

家族や仲間と、楽しく暮らすと、

もしかして、増えちゃうんでしょうか?!

 

セロトニン不足だった、

お母さんも息子さんも、

一緒に暮らして、

いつのまにやら、セロトニン、

増えてきているようでした。

 

やっぱりお家はいいなあ。

そう思えた親子に出会えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング