「センセイたちのこと、もう少し早くから知ってれば、良かったです」

泣き笑いながら話す娘さんの言葉があった。

 

 

お別れをする時、この言葉をよく耳にする。

 

たぶん、出会うのに一番いいときだったと思う。

たぶん、早いも遅いも、なかったと思う。

 

お別れは、とてもつらく悲しいことなので、

そもそも、出逢いたくない存在のはずだ、タナカは。

 

避けることができない死。

ご本人やご家族には、

どんな状況でも受け入れることができないものだが、

受け入れざるをえなくなった時、そして、覚悟ができた時、

そっと、さらっと、その時になって、

目の前に現れればいいのだ。

 

なので、今日も感じた。そして、伝えた。

「いいお顔されてますね。娘さんを待っていたんですね、きっと。

タナカと出会うのは今が一番良かったですよ」

 

 

ちょっとだけ本音。

どんな時も、『心づもり』するのは難しい。

『心づもり』があれば、ちょっとだけ幸せかもしれない。

なので、いつも『心づもり』をお願いする。

しかしながら、『心づもり』できてなくたって、

少しの幸せのお手伝いはできる。

その時が来たら、そっと、さらっと、

思い出してもらえる存在になれたらいいな。

 

 

今日旅立たれたお母さんと見送られた娘さんたちは、

とっても満足されたお顔だった。ように思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング