訪問での駐車場。時々、困ることがある。

マンションの時、介護関係の車両は、駐車可能です。とある。

 

 

マンション管理棟にいる管理人のおっちゃんとの会話。

 

「すみません。ここのマンションの介護車両用の駐車場停めてええですか?」

「その駐車場は、介護のやつやったらええけど、おたくら何屋さん?」

介護じゃないです。往診です。訪問診療です。介護ってどんなんですか?」

「せやなあ、、、それは、お掃除したり、お買い物のお手伝いやな。あとは、デイサービスやな」

「うちはそれはあんまりしませんね。ガーゼ交換したり、聴診器あてたり、血圧測ったり」

「せやなあ、、、それはちょっと介護と違うなあ。ほかは?」

「うちは、おしゃべりだけで帰ることもありますね」

「それやったら、近所のおばちゃんと一緒やさかい、全く介護と違うなあ。ほかないの?」

「うちの先生時々、おむつ交換もしますよ」

「それやったら、介護やなあ、ほかどうや?」

「そういえば、むかし、訪問したお宅の方と相撲とってました!」

「なんやて?!それは、相撲取りやないか。介護とちゃう。あかんあかん。ここは相撲巡業の駐車場はないわ」

「でも、うちの看護師、たまにお風呂のお手伝いもしますけど、、、、」

「それやったら、介護やなあ。そうそう、この間、天国行った近所のおっちゃんも、お風呂入れてもうた言うてたわ」

「それもしかして、葬儀屋さん?!」

「葬儀屋さんには、時々駐車場貸すさかいな」

「うちらは、どうしましょう?」

「往診なあ。介護とちゃうなあ。ま、今日は、特別に停めさせたる。内緒やで!」

 

 

訪問診療や往診、ザイタク医療って、

まだまだ知られていませんね、、、、、、。

 

「そやけど、ほうもんしんりょうって、いったい、なんや?!」

管理人のおっちゃんにも、訪問ついでに伝えていかなくちゃ。と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング