ある日曜日の夜中の2時、電話がなる。

「せんせい、お父さん背中痛いって」「どのあたり?」

「お父さん、どこ痛いん?ここ?どこ?肩甲骨のした?せんせい、肩甲骨のしたらへんって」「腫れてる?赤い?」

「お父さん、背中見せて。ここ押してみるわ。気持ちいい?!せんせい、押したら気持ちいいって。赤くないし、腫れてもいない」「なんか、痛み止めある?」

「私の腰痛用の痛み止めあるわ。これ飲ましていい?」「うん、じゃあ、様子見れそう?」

「はい、夜中に起こしてごめんなさいね」「全然、大丈夫ですよ。また朝ね」

朝、電話する。

「もしもしお母さん、どう?」「お父さんあれからよく寝てるし、まだ起きてないから、痛くないみたい」

「じゃあ、時々痛くなった時用のお薬、明日の月曜日に処方するので大丈夫?」

「はい、それでだいじょうぶ。まだ私のぶん1個残ってるし。明日月曜日せんせいお願いね」

 

 

また別の、祝日深夜の電話。

「せんせい、主人がお薬さっき飲んだとこで、すぐもどしちゃった」

「あのお薬のうち、この医療用麻薬だけは大事やから、1つ追加でもう一回のんでみて」

「わかりました」

朝、電話する。

「もしもし奥さん、どう?」「主人、今朝から朝食、目玉焼きと食パン1枚とコーヒーのみました」

「美味しかったって?」「はい、食欲は全然あります」

「今日は天気いいし、散歩再開できそう?」「近くの公園、サクラ咲きそうやから、二人ででかけてみます」

「うん、久しぶりに手えつないで仲良く行ってきて」

 

 

ザイタク医療って、普段から遠隔医療しています。

 

コロナ対策にもいかがでしょうか?!

長尾先生ご提案の「ピンピンコロナ科」

手をあげようかな~。

 

ザイタク医療、もしかしてだけど、それって、コロナ対策の救世主じゃないの?!

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング