病気や障害があっても、

ザイタク医療を取り入れて、

家族とともに、できる限り、

快適に、幸せに、楽しく暮らしたい。

また、暮らさせてあげたい。

 

そう思われて、ご連絡いただき、

最初の初回訪問に、ご自宅に伺う。

 

 

最近では、コロナ在宅勤務のおかげで、

男性介護者(夫、息子、孫)が、

自宅に居てくれることが多くなった。

 

そんな彼らは、いつも家族思いだ。(もちろん女性介護者もなのだが、、、)

介護について、一生懸命に質問いただける。

その一つ一つが、理論的だ。

誤解を恐れず言うが、内容も、理解も、男性的だ。

 

一旦理解できると、ドンドン上達される。

感情的には動かれない。ザイタク介護は本当にうまくいく。

 

 

在宅勤務で、もっともっと男性が、

ザイタク介護、ザイタク医療に参加する機会が増えたら、

ザイタク文化はもっと楽しくなるように感じる。

 

今こそ、ザイタク文化を育てていこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング