コロナ第1波収束傾向の今週、

タナカの診ている4人のザイタク患者さんが旅立たれた。

 

 

どの方も平穏死だった。

 

とても穏やかで、にこやかで、

涙と笑いが入り混じりながらの

ご家族に囲まれている中での旅立ち。

 

量(時間)より回数。

医療情報は、ナマモノだ。新鮮さが命。

これが、ザイタク医療や平穏死のサポートには重要であるが、

もう一つタナカ達が大切にしている重要なことをお伝えする。

 

排便コントロール。

排泄の状況で、ザイタク生活は激変する。

排泄介護の質・量によって、

ザイタクを諦めるという話もあるくらいだ。

 

排便コントロール。

これが、3つ目の極意だ。

コントロールは、薬や浣腸に頼るだけではない。

食事・運動・環境等々、たくさんある。

 

排便コントロール。

これがなければ、平穏死にならないし、

ACPや玉手箱議論なんて、全く役に立たない。

今週4人の方々も、ちゃんとコントロールできていた。

 

 

今日も、誰かが、あなたを待っている!

ザイタク文化を広めよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング