さて、最後4つ目。

 

タナカは、食べるのが大好きだ。

 

そして、祖父、父、伯父さん、弟、

歯医者に囲まれ、大きくなった。

 

食べることの場面が、

人生の中でとても大切だと思っている。

肺がんだった祖母が、

最期まで孫のタナカを感じ喜んでくれたのはイチゴの食介。

 

ザイタク医療の最大の使命は、

その人がその人らしくあることを支える。それを尊厳と考えている。

口腔ケアを徹底してくれる歯科衛生士さんが家族に居たら、

旅立ちはとても尊厳があるものになることを、よく経験する。

 

もうおわかりでしょう。

 

4つ目の極意は、

 

口腔ケア。

小さい頃から、オヤジに抑え込まれて歯磨きさせられた。

大学入学した時には、祖父が歯科大の隣の医科大に行くねんな、と喜んでくれた。

歯科に、思い入れがあるタナカ。

 

口腔ケア。

肺がん末期で、イチゴを食べるためには、

口腔環境を整え、嚥下訓練をし、ポジショニングも大切で、

車いすやテーブル等の環境を整える。

 

口腔ケア。

その人がその人らしくあるために、

絶対に必要な口腔ケア。

 

 

タナカ達のザイタク医療は、この4つを大切にしている。

量(時間)より回数。

医療情報は、ナマモノだ。新鮮さが命。

排便コントロール。

口腔ケア。

 

たった4つ。されど4つ。

これで、ザイタク医療は、うまくいく!

 

 

今日も、誰かが、あなたを待っている!

ザイタク文化を広めよう!

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング